第1284回「秋の味覚といわれて思いつくのは何?」 - デジタル若葉マークブログ

デジタル若葉マークブログ ホーム  »  スポンサー広告 »  普段の食べ物 »  第1284回「秋の味覚といわれて思いつくのは何?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1284回「秋の味覚といわれて思いつくのは何?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは「秋の味覚といわれて思いつくのは何?」です。

この前居酒屋に行ったところ、「さんまが始まったので…」と
お勧めメニューを手渡されました。

それを見て「うおー秋になったなー!」と思ったものです。

秋になるとさんまパーティをするのが恒例になっているので
さんまが食べられる季節になると秋だな、と思います

...
第1284回「秋の味覚といわれて思いつくのは何?」



北海道の秋の味覚といえば、いくらのしょうゆ漬け!ですよね~。

もちろん、自分の家でつくる、自家製なんですよ。北海道では、そういうものなのです。

まずは、近所のスーパーの魚売り場から生のいくら(鮭の卵巣)を買ってきます。

152-5261_IMG.jpg
生鮭筋子・釧路産・1736円!

152-5265_IMG.jpg
まずは、小なべに、しょうゆ、かつおぶし、酒、みりんなどを好みの味になるよう適当に入れて、煮立たせ、冷ましておきます。

152-5268_IMG.jpg

次に、大きめのボウルに、50~60度(手を入れていられないくらいの)熱湯を張り、塩を加えます。大体海水くらいのしょっぱさになるように調整しますよ。

152-5269_IMG.jpg
そこへ、鮭の生筋子をどーんと放り込みます。

152-5271_IMG.jpg
塩入りのお湯につけたまま、手で鮭の生筋子をほぐしていきます。
怖がらずに、がんがんほぐして大丈夫。ここでつぶれてしまうような鮮度では、美味しいいくらのしょうゆ漬けにはなりゃしません。

152-5272_IMG.jpg
ほぐれたら、ざるに上げます。

152-5275_IMG.jpg
次に、冷たい水に、ほぐした生筋子を放り込んで、細かいごみというかくずというかを取り除きます。

152-5276_IMG.jpg
何度か水を取り替えて、きれいにしてざるに上げます。

152-5277_IMG.jpg
思わずアップで撮ってしまいました。

152-5279_IMG.jpg
ここまで来たら、もう簡単ですよ。適当なタッパにキレイにした生筋子を放り込んで、

152-5284_IMG.jpg
最初に作って冷ましておいた、しょうゆだれを注ぎます。

152-5286_IMG.jpg
冷蔵庫で一晩休ませたら出来上がりです。

そして、朝になったら、激烈な生いくらしょうゆ漬けの争奪戦が勃発して、出来上がったいくらしょうゆ漬けの写真を撮る間もなく、タッパは空っぽになってしまうのでした。

この秋は、あと3回はいくらのしょうゆ漬けを作ろう、
その様子をGALAXY S SC-02Bで動画に撮って、Samsung Kies(サムスン キース)系由でLenovo G465に取り込んでみよう、と一人画策する私なのでした・・・・。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://digitalgreen.blog.fc2.com/tb.php/82-7b019761

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。